142 尾瀬
日 時 ・2016年8月27日 ・A山の会(19名)
ル ー ト ・沼山峠〜大江湿原〜尾瀬沼(環境庁・ビジターセンター)・・・(往復2時間30分)
ひ と こ と ・小雨の大江湿原・尾瀬沼を行く。


合羽姿が若い!(沼山峠)


雨の「ひのえまた」

最初は「木道の階段」

雨を歓迎?

「先行く」ふたり!

ウメバチソウ(多数、咲いていました)

ワレモコウ(Nさん・納山会で歌ってや)

煙る「大江湿原」

リンドウ

イワショウブ

赤くなったイワショーブ

小さな「トリカブト」

大きな「トリカブト」

歩くメンバー

美男?・・・美女?

「ビジターセンター」に向かう

アザミ・・・終わり?

帰り道

さようなら「尾瀬沼」

木道も濡れて・・・

帰ろかなぁーーー

ひのえまた・歌舞伎舞台

※ ・TVで見たことがありましたが、実際に見れば・・・ビックリ!・・・立派でした。今度は実演を見たい! 

   ・1200名が鑑賞できて、しかも無料とか?(地元の心意気が解かりました。)


演目一覧

参道

いよいよ舞台へ

可愛い「舞台」

観客席は石作り

観客席が並ぶ

木立と石段がきれい!

・奥の上段に神社(神様が見るため)

奥只見湖遊覧

   ・8月28日(日)、奥只見湖「尾瀬口船着き場」より乗船、10時20分発で早くつくも、キップ売り場、待合室もなく・・・炎天下・・・階段の木陰にいました。


ひのえまたの朝・風景

朝食(健康的)

モグ・モグ・食欲はあります!

主を待つ!

朝の1枚(みなさん・笑顔がいい!)

蕎麦の花

便数は3本しか?

お世話になった「マイクロバス」

停留所(トイレがあった)

船着き場(乗って来た人・4名)

静かな湖面

船首を向く・5名

後尾・日章旗)

孤独?

「遊覧船」とすれ違う

水が少ない?

荒沢岳(厳しそう)

定期船か?

ダムが見えた

「奥只見湖」着(会長が待っていた)

下船(午前・11時)

大きな「奥只見ダム」


「奥只見湖」周辺図


上越・高田城三重櫓

  ・北陸新幹線・「上越妙高駅」から乗車のため、高田城を散策。


彦三楼

うな重

四角の部屋に「斜め机」が・・・?

姿がきれい!

橋上の1枚

錦鯉・亀を見つめる

まだ・・・咲いていました。

逆光

青空に黒・白が映える。

三重櫓・入場(300円)は・・・やめ!。

初めての「グリーン車」・・・緊張する?

ゴーゴーカレーライス(金沢駅・600円)

夏山登山をふり返って

  ・会津駒ガ岳は朝からの雨で登山を断念。(自然には勝てません)

 ・旅館「ひのえまた」の連泊、温泉、食事、特に懇切丁寧な説明と笑顔の接待は、日本旅館の全てがあるようでした。(バスを見送る旅館・老夫婦、いつまでも手を振っていました)

 ・19名の参加者の皆さま、安全で、、おいしく、楽しく遊べた事に感謝!(満足度90%)