43 南木曽岳
登山日 ・2008年10月19日(日) ・「A・山の会」 ・男性3名 ・女性8名
ルート ・南木曽岳登山口(車止めゲート)・山頂(三角点)・展望台・摩利支天岩・ゲート
ひとこと ・最高の秋晴れ、紅葉 、中央アルプス展望を満喫 ・急坂の根っこ道に難渋
・約5時間のコースタイム

1)朝食も豪華(ホテル・富貴の森) 2)朝日に映える南木曽岳 3)ホテル・「富貴の森」の玄関
4)南木曽岳登山口、到着(8時30分) 5)登山前の集合写真 6)登り口
7)立派な案内板 8)上り道、下り道の分岐 9)紅葉が始まる
10)巨岩にまつわる樹木の力 11)整備された階段 12)赤、黄、緑のコントラスト
13)彼方の稜線が美しい 14)青空に枯れ木の白さが目立つ 15)南木曽岳山頂(二等三角点あるも眺望なし)
 
16)マァー記念の写真 17)見晴らし台の風景 18)案内標識を再確認、 ヨシ!ヨシ!

中央アルプスのパノラマ写真(左、木曽駒ガ岳〜摺古木山)

19)御岳山 20)山頂付近 21)山岳案内板(見晴らし台)
22)昼時で賑わう 23)集合写真(見晴らし台) 24)昼食を摂った場所
25)左方面に「塩見岳」 26)山頂部を振り返る 27)ひときわ高く大きい「恵那山」
28)青空に赤い葉が映える 19)急坂を慎重に下る 30)再度、山頂風景
31)ヤット、 下り道の分岐到着 32)燃える秋のヒトコマ 33)南木曽岳、「雲、ひとつ! 仲間入り」

遠望、南木曽岳のパノラマ写真

柿其渓谷と妻籠散策

日時 ・2008年10月18日(土) 「A・山の会」 ・男性 4名  ・女性 8名
ルート ・駐車場・恋路のつり橋・恋路峠展望台・牛ケ滝・黒渕・駐車場・バス・妻籠・バス・ホテル
ひとこと ・秋晴れ、樹間の遊歩道、落差45Mの滝を見る。 ・妻籠は観光客多し
1)柿其渓谷入り口 2)蝶の食事風景(アサギマダラ?) 3)恋路のつり橋(定員5名)
4)素朴な看板 5)南木曽の山並み 6)恋路峠展望台(松の木の間から中央アルプスが見えた)
7)朴葉寿司(1個300円) アジは○ 8)牛ケ滝 9)木の階段を下り、上がり
10)牛ケ滝 11)急な階段 12)木製の案内標
13)帰りましょう 14)水が澄んで透明 15)名所・黒渕
16)「恋路のつり橋」を渡れば散策は「おわり」 17)妻籠 18)栗きんとん(1個200円) ・上品な味、おいしかった。
19)花に癒される(妻籠) 20)夕食(ホテル・富貴の森) ・品数、味、彩り、量に満腹。 21)夕食「いただきます」の風景